名城本舗 MarkⅡ

城郭をメインとした建築ジオラマブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ごあいさつ

松山城 8 (27)
幻の初代五層 伊予松山城


※当ブログは本家ブログ「名城本舗」を作品別に編集したものです。           
最新記事は下記「本家ブログ」で                  
     ↓
「名城本舗」


ブログランキング
  ↓  
 
   

にほんブログ村






スポンサーサイト
  1. 2037/08/18(火) 09:50:28|
  2. TOP

平等院鳳凰堂 4★大改修直前版②

さて、植栽に入ります。
ファインリーフフォーリッジが手に入りにくくなり、
シーニックスエキスプレスのスーパーツリー(オランダドライフラワー)を
半年ほど前に入手致しました。

6000円もしますので結構悩みましたが思い切りました。

鳳凰堂4 (20)




ファインリーフフォーリッジと較べると体積比で9倍位あります。

鳳凰堂4 (21)






中味はドライフラワーがギッシリと詰まっております。

鳳凰堂4 (22)

このままだと秋冬用の木に使えますね。




緑樹にする為にコースターフを使います。

鳳凰堂4 (23)

マットメディウムを3~4倍に薄めた液を作ります。








樹木を浸け、筆で染み込ませます。木工ボンドを薄めたモノ
でも良いのですが、マットメディウムは乾くとつや消しになり
接着力も強いのでお勧めです。

鳳凰堂4 (24)




そのままコースターフをふりかけると出来上がり。
乾いた後は水性トップコートをスプレーすると定着が良くなります。

鳳凰堂4 (25)





箱半分の量でダイニングテーブル一杯になります。

鳳凰堂4 (26)




残りを箱に戻しましたが、見ての通り全然入りません。
結構圧縮して入っていたんだなぁ・・・・・

鳳凰堂4 (27)

とにかくこれ一箱あったら相当量使えますね。ファインリーフ
フォーリッジよりはるかに経済的で、超お勧めです。







さて電飾ですが、昨年秋に出品した「秋の清水 錦秋紅葉全景版」
で使った強力なテープLEDを使います。

清水寺3 (1)

清水寺3 (2)





本当は今春に「春の清水 雲海桜」のパワーアップバージョンで
このテープLEDを使いたかったのですが、残念ながら時間的に
無理でした。


なので今回の鳳凰堂でトライ!











今回は白色LEDを使います。ご覧の通りとても強力です。



鳳凰堂4 (28)

前からは左右各3発、バックは27発のLEDで背景の樹木を
浮かび上がらせます。







植栽も終えてようやく完成です。

鳳凰堂4 (29)







水面も、いい感じに仕上がりました。

鳳凰堂4 (30)





「鳳凰堂第2弾」で再現致しました「平橋」と「反り橋」も簡易的ですが
今回作りました。

鳳凰堂4 (31)








取り合えず二階のベランダから野外撮影です。


鳳凰堂4 (32)





さてライトアップですが、リビングの電気を付けたまま
ダイニングテーブルの上で撮影しました。


鳳凰堂4 (33)



明る過ぎて、普通のLEDではライトアップの効果が判りませんが、
テープLEDの照明は強力ですのでこのように物ともしません!



鳳凰堂4 (34)
バックの樹木が浮かび上がり、とても迫力あるライトアップになりました。








今度は闇夜のライトアップです。

鳳凰堂4 (35)



幻想感が出て、思い通りのライトアップが完成致しました。





さていよいよ野外撮影です。
11日の休日にいつも行く能勢の山奥に向かったのですが、
どの道も大渋滞。


世間では盆休みに入ったのですね・・・・・・・・・・・・




で、諦めて近くの五月山公園で撮影。


ここは人が多く、撮影に集中できないのです。


普段はえらそうにしておりますが、
何を隠そう!実は私、恥ずかしがり屋なんです。


みんなジロジロ眺めて、それも変人を見るような目つきで・・・・・・・


野外撮影は結構、気疲れするのです!

だから誰もいない山奥へ行くのですが・・・・・・・・・







さて鳳凰堂、ご覧下さい!





鳳凰堂4 (36)

建物に陰影が付き、野外では光の反射で模型とは思えないほど
リアル感が出ます。

特に 室内では平凡なジオラマ水面も、野外撮影では本物のように
映ります。(当たり前ですが)


私が野外撮影にこだわるのはこのためなんです。








当然お決まりのフィギュで、更に息を吹き込みます。




鳳凰堂4 (37)



フィギュアを添えるだけでリアル感が更に増します。









全体と後からも撮影!


鳳凰堂4 (38)



平等院鳳凰堂 平成大改修直前版
完成です!



  1. 2016/08/13(土) 14:36:07|
  2. 4★大改修直前版

平等院鳳凰堂 4★大改修直前版①

次は熊本城を作る予定でしたが、以前からリクエストの多い
「フジミ1/150院鳳凰堂」を急遽作る事に致しました。

スケールは違いますが、同じアイテムを続けて作るのは初めてです。




鳳凰堂はジオラマ作品第4作として2012年の12月に始めて製作致しました。

鳳凰堂4 (1)





ジオラマを作り始めたばかりで技術はまだ未熟ですが、
自分なりに精魂込めて作ったのでとても満足でした。




しかしながら、誰もやった事がない(少なくともオークションでは見た事がない)
「尾廊付きの完全版」をいつかは作ろうと思っておりました。

それから2年たった2014年8月にとうとう完成致しました。

鳳凰堂4 (2)



特に水面処理は時間をかけてやりましたので、これを超える平等院は
自分ではもう作れないだろうと思い、平等院はこれを最後に封印致しました。






でも、ひょんなことから東京シャープ1/370スケールが手に入り

今年になってこれを作る事になりました。

横幅はほぼ正確ですが、高さがディフォルメされていてオモチャっぽいのです。

従って、全体的に高さを低く抑えて実物に近付けました。

鳳凰堂4 (3)


鳳凰堂4 (4)
これも尾廊付き完全版ですが、前庭の形状が今と違う「古代版」です。

これで最後かと思っておりましたら、又1/150でリクエストが出て参りました。



でも、尾廊を作る元気はもう御座いませんので、尾廊無しのオーソドックス
ジオラマに致しました。

ただ、「同じジオラマは作らない」をモットーにしておりますので、
一工夫入れなければなりません。



その意味で、テーマは「平成の大改修直前の鳳凰堂」です。
大改修後の鳳凰堂は色が蘇りとても綺麗ですが、やはり色褪せた鳳凰堂は
歴史を感じさせます。





赤い色が抜け、こげ茶っぽい感じのグラデーションを表現致しました。
柱は更に色が抜けた感じに致しました。
扉の鋲もシッカリと描き込んでいますよ。(老眼にはきつかったです)

鳳凰堂4 (5)

扉が開き・・・・・・・・


鳳凰堂4 (6)

阿弥陀如来象も鎮座しております。



要所要所はウェザリングで年代感を出しました。

鳳凰堂4 (7)





重厚感ある渋い鳳凰堂が出来ました。

鳳凰堂4 (8)





台座に建築用断熱材を造形してレイアウト。

鳳凰堂4 (9)





パテ修正後、鉄道模型用のバラストを蒔いて固着。

鳳凰堂4 (10)






前庭にも更に細かいバラストをレイアウトして、池も塗装致します。

鳳凰堂4 (11)
池は決して平坦にならないように濃淡付けて塗装致します。







さて樹脂の流し込みですが、今回は深さ5ミリにする為、
「リアリスティックウォーター」ではなく「クリスタルレジン」を流し込みます。

鳳凰堂4 (12)

電灯が映り込んでピカピカです







このままでも良いのですが前回出品の「1/370古代版」はピカピカの
静止水面でしたので、今回は躍動感ある流動水面に致します。





ジェルメディウムを流れを付けながら筆でのせていきます。

鳳凰堂4 (14)


鳳凰堂4 (15)








乾けば次に、艶出しのグロスポリマーメディウムをたっぷり塗ります。

鳳凰堂4 (16)






例によって早く乾かす為、扇風機を使います。
同時に多少のうねりも出来て一石二鳥です。

鳳凰堂4 (17)





乾く前は乳白色で「ぬめっ」とした感じですが・・・・・・・

鳳凰堂4 (18)



乾くと透明になり、池面も更に繊細になります

鳳凰堂4 (19)
  1. 2016/08/06(土) 09:26:05|
  2. 4★大改修直前版

平等院鳳凰堂3★1/370 古代版 ④

いよいよ、ここからジオラマ製作に入ります。





これが現在の鳳凰堂です。

鳳凰堂 3b (27)



こちらが昔の鳳凰堂です。

鳳凰堂 3b (25)
鳳凰堂 3b (26)

前庭が現在のものより広く、黒砂利と白砂のコントラストが美しい。

更に3箇所に植栽が有り、池の縁石との間には芝生があって、
見事な庭園になっております。







早速元図を参考に、断熱ボードに墨出し、カッティング。
地形も現在とは少し違うようです。


鳳凰堂 3b (28)



縁をパテ処理後、塗装致します。

鳳凰堂 3b (29)


その後、縁石を貼り付けていきます。






いよいよ水面処理ですが、今回は深さ1cmの池になりますので、
クリアレジンを使いました。

いつもは流動水面ですが、今回は久しぶりに静止水面に
致しました。

鳳凰堂 3b (30)

鳳凰堂が見事に映りました。








シーナリー処理後、グレーの玉砂利を「木工ボンド薄め液」で固定。

鳳凰堂 3b (31)


乾いた後で白砂を敷きます。








なかなかいい感じになってきましたよ・・・・

鳳凰堂 3b (32)
映ってる、映ってる!











続いて植栽です。

鳳凰堂 3b (33)





バックビューです。

鳳凰堂 3b (34)





更に植栽に手を入れていきます。

鳳凰堂 3b (35)


------------------------------------------------                                   




仕事が立て込んで、なかなかゆっくり出来なかったので、
久しぶりに気分転換を兼ねて、山奥での野外撮影です。

やっぱり自然はいいものですね!



阿字池(あじいけ)に綺麗に映ってくれました。

鳳凰堂3 (3)

時節柄、ほんの少しシダレザクラも添えました。



バックビューです。

鳳凰堂3 (4)








ライトアップです。

闇夜に浮かぶ幻想的な鳳凰堂です。

鳳凰堂3 (5)









宇治平等院鳳凰堂 1/370 古代全景版


鳳凰堂3 (2)



ようやく完成です!




  1. 2016/03/29(火) 21:29:47|
  2. 3★1/370 古代全景版

平等院鳳凰堂3★1/370 古代全景版 ③

このままジオラマ作製に取りかかるつもりでしたが・・・・・・・・








このキット(1/370東京シャープ)は唯一の手持ち在庫で、
これからも入手が難しく、更に今回のように全体的に高さを
抑えるスクラッチなんて最初で最後です。



だから、どうせなら後悔の無いように
「尾廊付き完全版」を作りましょう!

( いつもの悪い癖です)






まず屋根をスクラッチし、切込みを入れて本堂屋根に合体。
たったこれだけで丸2日かかりました。

鳳凰堂 3b (19)




続いてプラバンを切り出し、壁の作製です。
写真では判りにくいですが、3種類の幅で柱や梁を切り出して
貼り付けています。

鳳凰堂 3b (20)




横棒を貼り付けてから、縦棒をはめ込んでいきます。
縦棒はわずかでもずれると見苦しくなりますので、
曲がらないように細心の注意を払います。

鳳凰堂 3b (21)

神社仏閣の壁は城郭と違って、
小さなパーツでも時間と手間がとてもかかるのです。







隠れるところも手抜き無く作製。

鳳凰堂 3b (22)



やっぱり「尾廊」が付くと貫禄が出てカッコイイですね!

鳳凰堂 3b (23)

鳳凰堂 3b (24)

尾廊だけで丸一週間かかりましたが、ようやく本体完成です。



                                    つづく
  1. 2016/03/24(木) 23:13:50|
  2. 3★1/370 古代全景版
次のページ

プロフィール

j.tokoroten

Author:j.tokoroten

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

NewMark

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村 pvランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。