名城本舗 MarkⅡ

城郭をメインとした建築ジオラマブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

還暦同窓会へ行ってきました

襟裳岬を聞きながらご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=YftxSfXHqPI


建築ジオラマはお盆でちょっと休憩しておりますが、
終戦記念日の昨日、高校卒業以来42年ぶりに開催された
高校同期会(還暦同窓会)に行ってきました。


高校の同期会は初めての事で、もう絶対に無いだろうと
諦めておりましたところ、突然、「開催通知」がきて
うれしいの何んのって、ビックリ致しました。





とにかくワクワクドキドキで会場へ入りました。
開始30分前にもかかわらず会場は既に人で一杯でした。



あっちでも、こっちでも、


「よう!久しぶり。元気やったか?」
「生きとったんやぁ!」
「懐かしいなあ~」

本当にみんなうれしそうでした。




一目見ただけですぐ判るものもいましたが、
はっきり言って誰が誰だかサッパリ判らん。



首からぶら下げた名前カードを見て、
顔をじっくり見て、



「うんうん、何となく面影が残っている」


そう確認して初めて判る次第で、予想はしていたものの、
やはり40年もたつと判別に苦労致しました。



恩師も6名が駆けつけてくれ、皆さん本当にお元気でした 。
全員揃ったところで3グループに分かれて記念撮影。



男性は大別すると2通りに分かれます。
ズバリ、 「ハゲ」か「白髪」です。


圧倒的にハゲが多く9:1の割合でしょうか。


恩師よりひどいズルズルの者が9人もおりました。
どっちが恩師か判らん(笑)    



それに較べて女性の殆んどが60歳には見えないほど
若々しかった 。
今でも学生服を着ると現役で通用する(ちと苦しいか)・・・・・
それ位、学生時代よりチャーミングになっている人が多かった。



平均的に男性より女性の方が10歳から20歳若く見えます。
これはなんでなんでしょう?
やはり化粧で化けているからでしょうかねぇ?・・・・・・・



女性は食事に夢中、男性は酒を飲みながら話に夢中。


懐かしい写真や思い出話で大いに盛り上がりました。



容姿は変わっても、声、話し方、性格、癖は
何年たっても変りませんねぇ・・・・・・


結局、同期生全450人の内、なんと150人もの出席があり、
40年もたって1/3の出席率とは驚異的な数字です。


女性は結婚で地元を離れ、連絡が途絶えがちですが
出席の半数が女性で、これにも驚きでした。


今時、還暦世代がこんなに集まる事自体、本当に珍しい事です。

お盆の帰省時期に開催したのが良かったのかも知れません。



2次会、3次会へと繰り出し存分に話しましたが、
40年分を語りつくすには時間が全然足りません。


次の幹事に指名されましたので、5年後位を目途に
又やりたいものです 。


これからお互い年を取ると、病気や死亡などで
段々出席者も減っていくのでしょうね・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほろ酔い気分でテクテク家までの帰り道、色々考えました。


学生時代はみんな苦しみも楽しみも一緒でした。

卒業してからそれぞれの人生を歩んでいくのですが、
皆、どんな人生だったのか・・・・・・





今日は普段の事を忘れてお互い大いに楽しみましたが、



親の介護で苦労している者もいるでしょう・・・・・・・

離婚で必死に子育てしてきた人もいるでしょう・・・・・・

現在病気と闘っている人もいるでしょう・・・・・・・

子供を病気や事故で亡くした人もいるかもしれません・・・・・


老後の仕事で悩んでいる人もいるでしょう・・・・・・・

お金で悩んでいる人もいるでしょう・・・・・・・・

子供の事で問題を抱えている人もいるでしょう・・・・・・・

夫婦仲が破綻しかけている人もいるかもしれません・・・・・・・



表面では判りませんが、出席者全員にそれぞれの悩みや
苦労が必ず潜んでいます。


更に、今回出席したくても出来なかった事情を抱えた人
この年になると多い事と思います。


金持ち貧乏かかわらず、この世で悩み苦労の無い人など
一人もおりません。

それを乗り越えて、たくましい力を付けていく。

「生きる」という事はきっとそういう事なんだと思います。

40年の歳月を経て再会したみんなは、
それを乗り越えてきたやつばかりです。



みんなの顔を一人一人思い浮かべながら、

「次の同窓会までみんな元気でいてくれよ!」
「絶対死ぬなよ!」


そう心に願うのでした・・・・・・・・




関連記事
  1. 2015/08/18(火) 09:36:45|
  2. 日記

プロフィール

j.tokoroten

Author:j.tokoroten

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

NewMark

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村 pvランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。