名城本舗 MarkⅡ

城郭をメインとした建築ジオラマブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

行水 花火 夏休み★1/32 昭和の夏

7月27日「伊予松山城 回顧録」 を書いた日にギックリ腰に
なりましたが、未だに完治しておりません。
左腰の鈍い痛みが直らないのです。

こんなに長引くとは、やはり年なのでしょうか?
とても不便です。

元々持病で腰痛は持っておりましたが、更に悪くなった感じです。
あせらずゆっくり治すしか御座いません・・・・・・




さて、城郭ジオラマですが、つい最近まで高値推移していた
オークションですが、最近急に落札相場が落ちてきました。
一体どうしたのでしょう?
以前より危惧していた事が現実になってきました。

常連様から見ると段々目が肥えてきて、まだ見た事の無い作品
への期待が大きくなり、普通のジオラマには関心が薄れる。

作る側からすれば普通に作れなくなり、とても悩みます。

新しいファンが増えない限り、この現象は更に進みそうです。


たった3年で建築カテゴリーは色々と変化致しましたが、
丁度現在は過渡期かも知れません。

今後どんな形で「建築カテ」は進化していくのでしょうか・・・・・・




と言う事で、次はどの城を作ろうか正直悩んでおります。
リクエストはメチャクチャ多いのですが、こちらの餅ベーションの
都合もあり、順番通りには参りません。あしからず・・・・・・


夏休みもそろそろ終わりに近づいて参りましたので、
取り合えずこんなのを作りました。
題して「昭和の夏」

河合商会からアリイに引き継がれた「昭和の歳時記」シリーズの
「行水(ぎょうずい)」を、そのまま作っても能がないのでアレンジ
致しました。

行水と言っても今の若い人は何の事か判らないでしょうが・・・・




板塀や電信柱をドライブラシ塗装。
家は子供の頃に住んでいた「庭付き平屋市営住宅」を
フルスクラッチで再現。

行 水 (1)



フィギュアも改造致しました。
(簡単に言うけど、これが一番時間がかかるのです)

行 水 (2)




懐かしい行水です。
昭和30年代半ば迄に生まれた人は経験あると思います。

長男は小学2年生、弟は幼稚園、末娘は年少位の設定です。
お母さんは32歳位でしょうかね!(何となく)

行 水 (3)

行 水 (4)
末娘のかわいいプリプリお尻を見てやって下さい。
弟には1ミリ真鍮棒を改造して、「とうがらしチンチン」も
再現致しました。正に鋼鉄のチンチンです(笑)

お母さんが色っぽいですね・・・・・・・・

これを見て思い出しましたが、皆さんはお母さんに
何歳頃までお風呂に入れてもらってましたか?

私は多分4年生位だったと思いますが、当方の息子は
中学1年生まで入れてもらってたようです。

我が愚息は「うぶ」なんでしょうかね?・・・・・・・・・・






野外撮影です。

行水は、まだ内風呂が無かった時代に湯を入れて体を洗ったり、
夏の暑さをしのぐ為によくやりました。

垣根で囲われた庭に「たらい」を置いて戸外で浴びるので、
案外「でばかめ」(これも死語かな)も多かったかもしれません。

今回はジオラマに再現致しました。(ご愛嬌と言う事で・・・・・)

ほのぼのとした昭和の風景をどうぞ!

行 水 (7)




今回は軟らかい雰囲気を出す為に、家の中に2灯、電柱に1灯
ムギ球を設置。
庭先の花火はマルチカラーLEDを使いました。
ゆっくり色が変りながらフラッシュする特殊なLEDです。
花火表現に大変マッチ致します。
行 水 (5)
行 水 (6)



とは言うものの、写真では判りにくいのでインスタント動画で
どうぞ。
躍動感を出す為に手持ち撮影致しましたが、
デジカメの動画撮影は画面が揺れ過ぎてあきません。
ピントも追尾式ではないので難しく、やはりビデオカメラが
必要ですね。


https://www.youtube.com/watch?v=F5lsTg2o0U0





実は末娘のモデルは「火垂るの墓」の節子なんです。
あのかわいいオカッパ頭の節子です。
節子

節子 (1)




終戦混乱期に栄養失調で死んでしまいましたが、
戦争の悲哀を歌った悲しいドラマです。
8月になると「火垂るの墓」は毎年話題になります。


安保関連法案で今、日本はもめておりますが、
一度この作品を見たら如何でしょう?

戦争をする怖さより、終わった後の悲惨さがよく判ります。



久しぶりに見ましたが、予想通り号泣致しました。



まだ見た事の無い人はYouTubeでやっていますので
是非見て下さい。



そんな節子が不憫(ふびん)で 、
もし戦争がなかったら、
優しい母親と仲の良い兄弟に囲まれ、
幸せに暮らしていたのになぁ・・・・・・・

そんな事を想像しながら作りました。

行 水 (8)

青い空と白い雲をバックに   

「花火 行水 夏休み!  昭和の夏」

完成です。




  1. 2015/08/23(日) 16:52:12|
  2. 花火 行水 昭和の夏 1/32

プロフィール

j.tokoroten

Author:j.tokoroten

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

NewMark

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村 pvランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。