名城本舗 MarkⅡ

城郭をメインとした建築ジオラマブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清水寺3★錦秋紅葉全景版①

今年は「紅葉の清水寺」を一旦諦めましたが、
一念発起して再度挑戦です。

いつも言う事ですが、ジオラマは「旬」が大事だと!


ジオラマの魅力を最大限に生かす為、時節に応じた作品作りを
目指しておりますが、旬を逃すとアピールが弱いのです。

清水寺は時間がとてもかかるので今年は無理かなと思った
のですが、やり残しは気分的に良くない。

で、10日以上もブログ更新をほったらかしにしてエンジン全開、
超特急で作りました。
紅葉時期に何とかギリギリ間に合いそうです。


思えば、昨秋に第一作目の「紅葉の清水」を作りましたが、
この時は本堂以外、「西門」 「鐘楼」 「三重塔」を追加しての
ジオラマでした。
沸き立つような紅葉ライトアップに苦労致しました。
79 清水寺 b (1)
79 清水寺 b (2)
79 清水寺 b (3)





そしてこの春、「春爛漫、清水雲海桜」は更にバージョンアップ。
前回同様、本堂に三重塔、西門(さいもん)、鐘楼(しょうろう)に
加え、回廊(かいろう)、轟門(とどろきもん)、経堂(きょうどう)、
田村堂(開山堂)、朝倉堂(あさくらどう)、仁王門(におうもん)
まで再現致しました。
ライトアップされた桜が雲海の如く見える様は、まるで別世界の
ようでした。
清水寺2 b
清水寺2 b (1)
清水寺2 b (2)

当方が勝手に「雲海桜」と命名致しましたが、特に違和感は
無かったと思います。





そして今回は「究極の清水」をテーマに、
「目の覚めるような紅葉」に最終挑戦です。



今回も本堂屋根の桧皮葺(ひわだぶき)再現からです。
屋根全体に木工ボンドを塗って、その上からブラウンパウダーを
「茶こし」で振りかけます。
清水寺3
色々試しましたが、これが一番雰囲気が出ます。


続いて今回初登場の「奥の院」です。
本堂屋根の出っ張り部分をカット。更に真ん中をカットして縮め、
接合部分をパテ処理。
清水寺3 (1)
その後、本堂と同様に「桧皮葺」加工。




「奥の院」本体は本堂を縮小してスクラッチ。

清水寺3 (2)

航空写真を元に、配置はこんな感じでしょうか・・・・・



続いて「仁王門」ですが、「童友社 浅草寺」の宝蔵門を使います。
前回はこのまま使ったので屋根が二重ですが、本来は一重です。

清水寺3 (3)
今回は実物通り一重に致しますが、二階部分を若干削って
バランスをとりました。屋根もパテ処理後、桧皮葺に致します。






続いて回廊ですが、これも前回同様KATOのコンクリート防護柵を
使います。
前回は気付かなかったのですが、北側の本堂から4番目と
6番目の間に横木が無いのです。

清水寺3 (4)
今回は忠実に再現致しました。




三重塔ですが、フジミ「寺門・鐘楼・三重塔セット」を使います。

初回時の写真
寺門セット


キットの屋根は水平ですので、ソリを再現致します。
わずかな事ですが、こんな事でリアリティーが出てくるのです。

清水寺3 (5)





とにかく色んなパーツをかき集め、スクラッチの連続が
始まります。
清水寺3 (6)
関連記事
  1. 2015/11/25(水) 14:39:29|
  2. 3★錦秋紅葉全景版

プロフィール

j.tokoroten

Author:j.tokoroten

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

NewMark

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村 pvランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。