名城本舗 MarkⅡ

城郭をメインとした建築ジオラマブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

備後福山城★1/460 スクラッチ全景 ①

正月は久しぶりにゆっくり城郭本を読んでおりました。

見飽きるほど何回も見ていたはずなのに、
「あれっ、この城何かに似ているなぁ・・・・・・」
こう思うことがよくあります。

城の違いと言えば極端に言えば、千鳥破風や唐破風の
組み合わせだけですから、逆に考えるとそれだけで何百と言う
城の中で、同じ形が無い事の方が不思議です。


今回は、
「これ、江戸城に似ているな」と思った城が福山城でした。

1.jpg

三層目と四層目の破風を変えればほぼ同じ形になります。





では参りましょう!

まず、「フジミ1/800江戸城」を初層から三層までを使い、
長押(なげし)を削ります。


福山城 (1)

こんな感じになりました。




更に最上層と出窓部分をカットしてパテ処理。
最上層はプラ版で自作。

福山城 (2)

一層目南側屋根を継ぎ足し、付け櫓のある東側を一部カット
致します。






二層目の屋根はそのまま使え、三層目の屋根は
「フジミ1/700名古屋城」の四層目屋根をそのまま使います。


四層目屋根は長い方を切り取り、「童友社1/500姫路城」から
千鳥破風屋根を切り取りコンバート。
二重付け櫓も「フジミ1/800江戸城」パーツよりスクラッチ。

福山城 (3)

屋根のスクラッチはなるべく角で繋いだ方が継ぎ足しが
判りにくいです。




一層目屋根は特殊な屋根で、延長屋根に入母屋破風が
付いております。「フジミ1/700大阪城小天守屋根」から
パーツを切り出しますが、これの調整が大変でした。
千鳥破風ならパーツを屋根に載せるだけなのですが、
入母屋破風は角部分の連続性が必要で、何度も削って
すり合わせを致しました。(これだけで3時間かかりました)

福山城 (4)

こんなに手こずったのは岡山城以来です。
これは作った人でなければ判らない事ですが・・・・・・



江戸城との比較です。ほんとよく似ていますね。
でも実際は江戸城が45m、福山城が26mで親子ほどの差が
あります。この割合から福山城の縮尺を1/460に致しました。


福山城 (5)





石垣製作です。
彫刻後、つや消し黒、黄土色、タン、サンドイエロー、
マホガニー等でドライブラシ。
福山城 (6)




0.5ミリプラ板で最上階の造作ですが、変った意匠ですね。
高欄も作ります。

福山城 (7)








実に堂々としてカッコイイですね!

福山城 (8)

入り口を忘れておりました。



天守完成です!




関連記事
  1. 2016/01/12(火) 14:12:56|
  2. 福山城★1/460スクラッチ全景

プロフィール

j.tokoroten

Author:j.tokoroten

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

NewMark

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村 pvランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。