名城本舗 MarkⅡ

城郭をメインとした建築ジオラマブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続々・驚きの連続です!建築ジオラマと鉄道ジオラマ

 
 
しかし「驚きの連続ですパートⅢ」です。
 
 
初めての鉄道ジオラマでしたが、驚きの高額に、ただ唖然・・・
 
 
二年半前、初めて城郭ジオラマを出品した時は、
「どうか入札して下さい。値段は何ぼでもええから」
 
 
 
城郭では慣れているものの、鉄道は初めてと言う事もあり、
今回は正にそんな心境でした。
 
一生懸命作り、イメージには近づきましたが造作はまだまだで・・・
 
 
 
それが城郭並みに、いや予想以上に値段が付いて夢心地です。
今年は夢心地が多いです(笑) 
 
 
 
 
当方、鉄道はまるっきしのド素人でお恥ずかしい限りですが、
いつか蒸気機関車の鉄道ジオラマを作りたくて、素材は集めて
おりました。
 
 
 
下の写真は一部ですが、
Zゲージ、Nゲージ、HOゲージ、Oゲージ、1/40まで一通りのサイズを揃えました。
 
しかし途中で気が付いたのですが、ジオラマとなるとZゲージか
Nゲージに絞られます。
それ以上は大きすぎて家に飾れません(笑)
 

 
それと、カトーやマイクロエースのNゲージはとても精密で、
元々走行させて楽しむ模型なのに、穴を開けて固定するのは
抵抗があり、実際もったいなくてジオラマには使えません。
 (煙を表現する為、どうしても固定せざるを得ないのです)
 
で、今回は「鉄道ファン」の情景フィギュアを使いました。
食玩の親玉みたいなものですが、出来はなかなか良いです。
 

 
 
 
更に小さいチョコエッグ(だったかな?)のSLも御座いますが、
これも何れ作るつもりですが、線路が無いのです。
 
又、スクラッチか・・・・・
 

 
 
 
ところで、今回は敢えて「建築」カテゴリーで出品致しました。
 
何故かって?
 
 
やはり「建築カテゴリーの常連さんに見て頂きたい」との思いと、
落札金額です。
 
 
 
鉄道ジオラマは、私なんか足元にも及ばないようなすばらしい
ジオラマがたくさん出品されておりますが、、どういう訳か
出来が良い割りに落札金額が格段に低いのです。
 
これは、以前から感じておりました。
 
 
 
たとえば、過去に出品された作品ですが。(連絡の取りようが無く、
本人に許可を得ておりませんが、お手本作例と言う事でお許し下さい)
 
 
 
 
岩や川の造作、木々の配置、釣り人の情景など、どれをとっても
すばらしい作品です。
 

これがたったの3900円!
 
エッ!間違いやろ・・・・・・・
 
 
 
 
 
こちらも文句の付けようの無いほどの力作です。
特に岩の表現などは秀逸です。
 

 
これも6450円!
 
嘘やろう・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
これなんか情景としては最高に良いですね。
樹木、シーナリー、フィールドグラスなどを駆使して、本物そっくり。
 

 
 
これが5750円・・・・・・・・
 
 
 
 
 
情緒豊かな下町風景、水表現がまたすばらしい。
雰囲気ある電飾と、どれをとっても一級品です。
時間をかけてとても丁寧に作ってある事が判ります。
 

 
これが9000円 とは泣けてくる・・・・・・・
 
 
 一体、鉄道ファンは何処を見とんねん!
 
ぼやきたくなる心境です。
 
 
 
何故こんなに金額が低いのか?
 
ずっと考えておりました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
私なりの結論が出ました。
 
鉄道ジオラマは主役がいないからです。
 
 
建築ジオラマは城郭はもちろん、神社仏閣そのもの自体が主役
です。
 
その主役を引き立たせる為に、
 
土台を拡張したり、
無いものはスクラッチしたりして
トータルなジオラマに仕上げます。
 
 
だから、キットをそのまま作ったものは完成品と呼んでも
ジオラマとは呼ばない。
 
鉄道ジオラマは、想像の世界を具現化しているジオラマですが、
主体が電車であり、人であり、建物であり、海や川であるのです。
要するにすべてが主体なのでインパクトが弱いのです。
 
逆に言えば主体の無い情景ジオラマが鉄道ジオラマなのかも
知れません。
 
 
 
しかも殆んどの作品は、作例に写っている車両が付きません。
 
要するに「お手持ちの車両乗せて飾って下さい」と言う事です。
 
車両の無い人は寂しい情景ジオラマになってしまいます。
 
主役の無いジオラマだから、どうしても金額が上がらないのです。
 
 
 
いささか偏った意見では御座いませが、私なりの結論です。
 
 
だから今回の主役はD51なのです。
 
そのままでしたら単なる鉄道ジオラマになってしまいますが、
モクモクと煙(蒸気)を吐く事によって主役になり得ました
 

今後も機会があれば作っていきたいと思います。
究極を目指して・・・・・・・・
 
たくさんの方のアクセスとウォッチ、有難う御座いました。
 
関連記事
  1. 2015/06/08(月) 10:17:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀閣寺★1/150全景スクラッチ① | ホーム | 【番外編】鉄道ジオラマ★鉄(くろがね)の咆哮③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mjkrb.blog.fc2.com/tb.php/30-a06b655a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

j.tokoroten

Author:j.tokoroten

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

NewMark

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村 pvランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。