名城本舗 MarkⅡ

城郭をメインとした建築ジオラマブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジオラマ台座について

さて、今回は台座についてお話したいと思います。

台座?

台座は以外に見落としがちになるようですが、作品を一生懸命
作っても台座で手抜きをすると、それこそ台無しになります。

【台無し】
仏像を安置する台座が無ければ仏像の威厳が無くなる事から
「役に立たない」「だめになる事」を意味する


「画竜点睛を欠く」と言うべきかも知れません。

ですからジオラマを作るに当たって台座はとても重要な
ファクターです。



「料理は器から」
「器も料理の内」とも言いますが、
どんな料理でも器によって旨くもまずくもなるものです。


発泡スチロールの皿に盛った刺身を見ても食欲湧きませんが、
それを渋い焼き物の皿に移し変えた途端、とても美味しそうに
見えます。
それだけ器選びは大切だと言う事です。

ジオラマも同じように、作品が引き立つかそうでないかは
台座選びで変わってくるのです。




城郭第一作目は童友社JoyJoyシリーズ「1/800 姫路城」
でした。
完成した時に、このまま出品するには頼りなく、
適当な台座を探しておりました。

ネットで検索していると丁度良いのが見つかりました。
雛人形用の飾り台で黒塗りの上品なものでした。
大きさもジョイジョイシリーズにドンピシャでした。

台 座 (1)

台 座 (2)

見た目に豪華で、やはり台座があるのと無いのとでは印象が
変ってきます。

ただ、小さいジオラマの台座はキチキチだと何となく窮屈に
感じ、もう一回り大きな方が良い様に思います。




これもたまたま入手した2トーンカラーの大変オシャレな
二段台座です。

台 座 (3)

色のバランスが良く、私の一番のお気に入りです。
人形台は全体的にピカピカのグロス仕上げが多く、
その上にジオラマを載せるのがもったいない感じですが、
やむを得ません。

安土城を載せました。
この台に乗せると本当にジオラマが引き立ちます。

台 座 (4)



色んな城を載せました。
ワインレッドと黒の調和がとても素敵です。
台 座 (5)





これも同じく人形台ですが黒塗りグロス仕上げの
風格あるものです。

台 座 (6)






こちらはセミグロスブラックで43cm×32cmあり、
高さもそこそこある大きな台座です。
この台座は結構使いましたね。

台 座 (7)
台 座 (9)
台 座 (10)







こちらの台座の材質はMDFで重さも結構あり、
ピカピカの黒塗り仕上げがジオラマを引き立てます。

台 座 (11)








これは結構高さのある台座で、姫路城が一層高く見えます。

台 座 (12)






次にこれは額です。左が木製、右がアルミフレームです。
左の額は見た目が豪華で、これも結構お気に入りでした。

台 座 (13)
台 座 (14)
台 座 (15)


台 座 (16)







こちらもフォトフレームで色んなサイズを揃えました。

台 座 (17)




これは③の上に④を合体させたハイブリッド版です。
金とワインレッドで、よりゴージャスさを出したものです。

台 座 (18)
台 座 (19)
台 座 (20)
台 座 (21)








これもフォトフレームで、陽明門がメチャクチャ高級に見えます。

台 座 (22)







金や銀のフレームはそれだけで重みと風格が出て
ジオラマがとても豪華になります。

台 座 (23)
台 座 (24)
台 座 (25)





大きなジオラマになるとこのような絵画用の額も使います。
この手は結構高いんです・・・・・・

台 座 (27)



台 座 (28)




台 座 (29)
台 座 (30)




次も横幅50cm級の大型サイズです。
左は黒に細かいラメが入った額で、右はチタンゴールドのアルミフレームです。
どちらも作品を引き立てるのに文句なしです。

台 座 (32)



台 座 (33)
台 座 (34)
台 座 (35)
台 座 (36)




こちらは「ワインレッドグロス仕上げ」の木製台座です。

台 座 (37)



清水寺が一層華やかになります。

台 座 (38)






こちらも将来用に数点購入した絵画用額縁です。
656mm×581mmと言うとても大きな台座です。
(一体何を作る気?)

絵画用額縁は結構な値段がするのですね(驚)
もちろんネットで調べて安く仕入れておりますが・・・・・・


台 座 (39)



ざっとご覧頂きましたが、台座によって作品の印象がガラッと
変る事がお判り頂けたかと思います。



以前は台座に合わせてジオラマを作っておりましたが、
大きさに制約があるとジオラマがどうしても中途半端になって
しまいます。

今はジオラマに合わせて台座を選品しております。
必然的にどうしても大きくなりがちですが、理想を追求すると
仕方が無いのかもしれません。


有り難い事に、最近の作品は以前と比べ物にならない位、
高値で落札して頂いております。

ですので極力見栄えのする台座を使うようにしております。



まだまだ未熟な技術ゆえ、作品の見栄えを良くし欠点をカバー
してくれる台座選びは、私にとって必要不可欠で有り、
とても意義ある事なのです。
  1. 2015/12/04(金) 14:49:17|
  2. ジオラマ台座について

プロフィール

j.tokoroten

Author:j.tokoroten

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

NewMark

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村 pvランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。