名城本舗 MarkⅡ

城郭をメインとした建築ジオラマブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/250 原爆ドーム2★No more Hiroshimas ①

気が付けば八月に入りました。

毎朝セミの元気な鳴き声が聞こえます。


今年の夏はさぞかし暑いだろうと思っておりましたが、
そうでもありません。

確かに暑いのですが、大阪はまだ37℃は一度もないのです。
毎年37℃、38℃は必ずあるのですが、一体どうしたのでしょう。

2007年みたいに八月に入って猛暑の連続になるかも
しれませんので油断は出来ませんが。



さて、長い間(2年間)リビングのキャビネットの下に
置いてあった「原爆ドーム」の作りかけの模型。

2年前に原爆ドームを出品した際に、同時に作ったのですが
知らん間に壊れているではないか!

一体誰が壊したのか・・・・・・・・・・?



小さい時から子供には、何をやってもいいけど、

・嘘はつくな!
・約束は守れ!
・一度決めた事は最後までやれ!

この三つの事だけは絶対守れと言い聞かせた。

幸い、忠実に守り素直に育ってくれてうれしい限りです。

・・・・・と言う事は、犯人は「嫁はん」しかおらん。




問いただすと、

「知らんで!」 
(しらばっくれとる・・・・・)

じゃあ、勝手に壊れたのか?

「ああ、それ、掃除した時に当たったんや。」

それならそうと何でわしに言わん?

「そんなとこに置いてるあんたが悪いんや!」

おいおい、わしが悪いのか?

壊したあんたじゃなく、わしが悪いのか?



素直に、
「掃除してる時に壊してしもた。ごめんね!」

こう言えば済むだけの事なのに、相手のせいにする。

やれやれ、女性と言うものは困った生き物ですな・・・・・・・




そんなこんなで、又壊されたらやばいので、
さっさと作ってしまう事にします。

丁度時期も時期なので、これも何かの縁かもしれません。




さて、レイアウトにいつも悩むのですが、今回はオーソドックスに
正面レイアウトに致します。
ただドーム中央をセンターから少し左に寄せた感じに致します。


(1).jpg





前回と同じアルミフレーム枠を使いますが、木製なら穴を開けて
スイッチを差し込むだけですが、アルミは加工が難しくスイッチを
付けるのに結構手間がかかります。

(2).jpg







続いて断熱材をカット。

(3).jpg







今回は5ミリの深さで元安川を再現する為、台座をくり抜き、
透明レジンが漏れないようにキワを目止め。

(4).jpg







そしてモデリングペーストで地面処理

(5).jpg





前回の「灯籠流し」は今回致しませんが、電飾は工夫したいと思います。




続いて階段等の造作に入ります。

刃厚の薄いカッターで切り込んでいきます。
ジオラマを初めた頃、こう言った作業はなかなかうまくいかず
苦労致しましたが、最近は慣れました。


(6).jpg


それなりに手間がかかるのですが、イメージ通り出来ると
何かうれしいのです・・・・・・・・






川塀の石垣を貼っていきます。

(7).jpg









ジャーマングレイで塗装。

(8).jpg







ライトグレイでドライブラシ後、ウェザリング。

(9).jpg







地面と川を塗装

(10).jpg

川はジエッソで下地塗装の時にデコボコを付けて塗装したので、
この後、グロスポリマーメディウムを上塗りするだけで、
波紋水面が完成致します。一番簡単な水面表現です。







ただ今回は深みを出す為にリアリスティックウォーターを
流し込みます。


(11).jpg


このまま乾くときれいな静止水面ですが、
乾いた後、お決まりの「波紋水面」処理を致します。




少しでも早く乾くように、いつものように扇風機を使います。

(12).jpg




同時に波紋もある程度表現できますが、風量が強すぎると
悲惨な事になりますから注意して下さい。








下地塗装の時点で「うねり」をつけましたので、思った以上に
良い感じになっております。

(13).jpg




(14).jpg









一旦乾燥しましたので、リアリスティックウォーターの二回目を
流し込みます。
(一度にたくさん流し込むとなかなか乾きませんので大変です)

(15).jpg


当たり前ですが一回目より波紋がなめらかになっております。








それはそれで良いのですが、ジオラマはやはり躍動感を与えた
方がメリハリが付いていいかと思います。
で、ジェルメディウムで大胆に波紋表現です。

(16).jpg


波が踊っております(笑)








乾いた後、更にグロスポリマーメディウムを塗って
全体を整えます。

(17).jpg




水表現は難しいですが、とにかくやってみて慣れる事です。




さてさて仕上がりが楽しみです・・・・・・・・・・・・・・・・・ つづく
関連記事
  1. 2017/08/10(木) 15:05:51|
  2. 原爆ドーム2★1/250 電飾

プロフィール

j.tokoroten

Author:j.tokoroten

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

NewMark

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村 pvランキング

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。